蜂退治業者の力で脅威を排除!経験豊富で頼りになる

作業員

自力でも出来る

蜂の巣

女王バチを頂点にした縦社会で生きるハチは、集団での攻撃を得意としています。不用心に近づいてしまうと、あっという間に猛毒が注入されてしまい、気がついたら三途の川をわたっていたという事になりかねません。もし、家のベランダや庭先にハチが巣を作っていたら、早急に対策が必要です。アナフィラキシーショックの脅威から、身を守るためにはハチの巣ごと退治するのが最適です。個人での退治をする際に必要な道具をこちらのページで紹介します。

一般的には、専用の防護服を着用する必要性がありますが、購入しなくても問題ありません。家においてあるものでも充分に防護服の代用になるからです。代用となる服は上下揃った雨合羽や防寒着にスキーウェアです。充分厚手で、ハチのハリを通しにくい素材で出来ているので毒から身を守るにはうってつけです。それに、襟が高くて首元まで保護出来るタイプもあるのです。頭部を保護するには、網が付いた帽子の代わりとなるものが必要です。それは、バイクのフルフェイス上のヘルメットで代用出来ます。後は、手には軍手、足には長靴で完全武装が完了します。

ハチの巣を撤去するための器具として、竹竿の先にガムテープをつけたものを準備してください。高所に巣がある場合に役立ちます。後は大きめのビニール袋と殺虫剤を準備すれば大丈夫です。遠距離から殺虫剤をハチの巣めがけて噴射すれば、徐々に動きが弱まります。先ほど説明したガムテープ付きの竹竿でゆっくりおろしてビニール袋に入れてしまえば簡単に退治が出来ます。ただし、完全武装した後の姿は第三者目線から見て不審者と勘違いされるおそれがあるので、退治し終わったらすぐに頭部だけでも解除しておきましょう。